読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koto-koto

備忘録や情報まとめのメモ。間違いがありましたらご指摘いただけるととてもとても有り難いです。

AMA

海外記事紹介

今年5月、マーク・ラファロ氏のredditにおけるAMA(いわゆる『何か質問ある?』)にて、AoUでのナターシャの扱いについて質問が出ていまして。

そういえばざっくりしか読めてないや…と気づき、昨日ようやく必死に読んだので自分訳を載せておきます。

ラファロ氏のことを深くは存じあげませんが、丁寧に言葉を選んでらっしゃるのが伝わってくる口調ですね。

元スレッドはこちら

ジョス監督元気かなあ。レッドブル飲みすぎないでほしいなあ。

 

 

I just wanted to ask you, what are your thoughts on the recent outburst of criticism against Joss Whedon regarding Scarlet Johannson's character, Black Widow?

スカーレット・ヨハンソンのキャラクター、ブラック・ウィドウに関するジョス・ウェドンに対しての最近の批判の嵐について、あなたはどういう意見ですか?

 

I think it's sad. Because I know how Joss feels about women, and I know that he's made it a point to create strong female characters. I think part of the problem is that people are frustrated that they want to see more women, doing more things, in superhero movies, and because we don't have as many women as we should yet, they're very, very sensitive to every single storyline that comes up right now.

悲しい事だ。僕はジョスの女性に対する感じ方を知ってるし、彼が力強い女性キャラクターを創ろうと努めた事を知っているから。この問題の一部はスーパーヒーロー映画でもっと多くの女性が、もっと多くの事をしているのを観たいというフラストレーションを人々が抱いている事だと思う。もっと女性がいてしかるべきなのにまだ少ないから、彼らは今発表されるストーリーの隅から隅まで、とても、とても敏感なんだと思う。

 

But I think what's beautiful about what Joss did with Black Widow - I don't think he makes her any weaker, he just brings this idea of love to a superhero, and I think that's beautiful.

If anything, Black Widow is much stronger than Banner. She protects him. She does her job, and basically they begin to have a relationship as friends, and I think it's a misplaced anger.

けれど、ブラック・ウィドウにまつわるジョスの仕事で美しいと思うのは――彼はブラック・ウィドウを少しも弱くはしてないと思うんだ、彼はただスーパーヒーローにこの愛の考え方をもたらしているんだし、それは美しい事だと思う。

むしろ、ブラック・ウィドウはバナーよりもずっと強い。彼女はバナーを守ってる。彼女は自分の仕事をするし、基本的に彼らは友人になろうとしている。これは見当違いな怒りだと僕は思う。

 

I think that what people might really be upset about is the fact that we need more superhuman women. The guys can do anything, they can have love affairs, they can be weak or strong and nobody raises an eyebrow. But when we do that with a woman, because there are so few storylines for women, we become hyper-critical of every single move that we make because there's not much else to compare it to.

人々が本当に気にしているのはもっとスーパーヒューマンの女性が必要だという事実についてかもしれない。男(のキャラ)は何でもできる、恋愛してもいい、弱かろうが強かろうが誰も眉をひそめたりしない。だけどそれが女性となると、女性のストーリーがとても少ないせいで、比較対象が豊富ではないから全ての動きに過度に批判的になってしまう。

 

So I know Joss really well. I know what his values are. And I think it's sad, because in a lot of ways, there haven't been as many champions in this universe as Joss is and will continue to be. And I know it hurts him. I know it's heavy on him. And the guy's one of the sweetest, best guys, and I know him - as far as any man can be a champion for women, he is that.

So it's been a little disheartening.

僕はジョスを本当によく知ってる。彼の価値感を知ってる。そしてこの件を悲しく思う。なぜなら色々な意味で、ジョスが現在そうであり今後もそうであるほどこのユニバースにおいて多くのために戦う人はいないから。それにこの件で彼が傷つく事を知ってる。重荷になる事を知ってる。この人は最もやさしい、最高な人だし、僕の知る彼は――男性が女性の擁護者になりうる限り、彼がそうなんだ。

だから少し残念だよ。

 

But I also see how much people love that aspect of it. There's an equal amount of people who find the love interest between Banner and Black Widow to be a big standout. And it's very satisfying to people. So it's a movie. People are going to have their opinions. And that's actually a great thing. The fact that this is a debate that's coming out of this movie is probably a positive thing.

けれど人々がどれだけその側面を愛しているのかもわかってるんだ。バナーとブラックウィドウの間にある恋心は極めて素晴らしいものだと感じた人が同じだけいる。そしてこの件はよく人々に応えている。これは映画だ。みんなが自分の見解を持つ事になるだろう。それは実際素晴らしい事だ。今回の件がこの映画から生まれた議論だという事自体はたぶんポジティブな事なんだ。

 

I just don't think that people should get personal with Joss, because he really is - of anyone - an advocate for women. He's a deeply committed feminist.

僕はただジョスの個人的な事に口を出すべきではないと思うんだ。彼は本当に――誰と比べても――女性の支持者だから。非常に献身的なフェミニストなんだよ。